高校野球





夏の風物詩・高校野球に迫る「部員減」の危機  :日本経済新聞


第99回全国高校野球選手権大会の地方大会の参加校数は昨年より35校少ない3839校で、14年連続で減少した。この背景には若者人口の減少以上に「野球離れ」が進んでいることがある。日本高等学校野球連盟によると、2017年度の硬式野球の部員数は16万1573人と前年度比4%減り、13年ぶりの少なさとなった。きめ細やかな指導などで継続率の維持に努めているが、減少傾向に歯止めがかかっていない。

 野球の代わりに運動部員を集めているのがサッカーだ。全国高等学校体育連盟によると、16年度の男子サッカーの部員は16万9855人で5年前より1割強増え、サッカーの部員数が初めて野球を上回った。

 中学校の状況をみると野球の先行きは安閑としていられない。日本中学校体育連盟の資料によると、16年度の軟式野球の男子部員数は18万5314人と5年前に比べて3割強も減っている。中学では13年度に男子サッカーが軟式野球の人数を超え、その後も差は開く一方だ。

 さらに、追い上げるのがバスケットボール。バスケは少子化の時代でも安定した人気があり、16年度の軟式野球との差は1万人を切った。ソフトテニスや卓球もバスケに次ぐ人気で安定している。今のペースで軟式野球の部員数減が続けば、数年後にはバスケに2位の座を譲るだけでなく、ソフトテニスや卓球にも抜かれ5位に転落する可能性がある。

全文を読む

反応

高校生の野球離れ?じゃなくて野球部離れだろうけど。

高校野球という歪んだ芸能はもう段々と細々やるように転換していくべき

愛知県かどこかで野球が卓球に負けてたよな

あれだけの特別扱い受けても止まらない部員減少

とはいえ、プロを目指せる才能を持つアスリートなら野球が一番稼げるスポーツってのは間違いないのよね。プロ野球でくすぶっている選手がサッカーしていれば日本代表はもっと強かったかもしれん。