原価率





「この数字は知りたくなかった…」原価率が最も低い食べ物ランキング“第1位”に驚きの声 | NewsWalker


8月23日放送の「水曜日のダウンタウン」(TBS系)で、「原価率が最も低い食べ物かき氷説」を検証。日本大学商学部の教授・川野克典の監修の元、原価率の低い食べ物ランキングトップ10を作成しました。なお今回は食材の値段だけでなく、一般的に“原価”として捉えられている「容器や箸」の価格も入れて計算されています。

・10位、ショートケーキ(26%)
・9位、イカ焼き(24%)
・7位、餃子(23%)
・7位、ペペロンチーノ(23%)
・6位、もんじゃ焼き(21%)
・5位、フライドポテト(20%)
・4位、宅配ピザ(15%)
・3位、ベビーカステラ(14%)
・2位、かき氷(12%)
・1位、わたあめ(3%)

「かき氷」がまさかの2位にランクインし、「原価率が最も低い食べ物かき氷説」は立証されませんでした。しかし12%というのもかなり低い原価率で、例えば価格が300円だった場合でも原価は35円。川野も「氷とシロップだけですので、原価が非常に安くなります」と解説。また「やっぱかき氷って儲かりますかね?」という番組スタッフの質問には「儲かると思います」と答えていました。

そして気になる第1位に輝いたのは「わたあめ」で、原価率はなんと3%。10円の原価で300円の商品を作れてしまいます。ランキングの発表が終わると、プレゼンターのお笑い芸人・酒井健太は「人件費輸送費などかかりますので、原価の低いものイコール儲かるものとは一概には言えない」と注釈。

全文を読む

反応

祭り価格に文句

わたあめ機が高いんじゃないか?

まぁ外食はほとんど手間賃だよな

ワタアメはなんだか幸せになれるんだよ。その価値が入ってる

知ってたけど、「わたあめ」とかはお祭りとかの場で雰囲気と一緒に食べるものだからなぁ。俺はリンゴ飴専門だけど