コンピュータウイルス





メルカリにウイルス情報 男子中学生が出品の疑い | NHKニュース


インターネットで利用者どうしがさまざまな品物を売買できるスマートフォンのアプリ「メルカリ」で、コンピューターウイルスを入手する方法が売り買いされていたことが捜査関係者への取材でわかりました。奈良県警察本部は当時中学1年の男子生徒が関わったとして、5日にも児童相談所に通告する方針です。

捜査関係者によりますと、さまざまな品物を手軽に売買できるスマートフォンのアプリ、メルカリで、ことしコンピューターウイルスをダウンロードするための情報が売り買いされていたのを奈良県警察本部の捜査員が確認しました。

このウイルスは感染するとスマートフォンの画面に人の顔の「アイコン」がたくさん現れて使いにくくなるもので、警察が調べを進めた結果、大阪府内に住む当時中学1年で13歳の男子生徒がことし3月に出品した疑いのあることがわかったということです。

男子生徒は購入を申し込んできた京都府などに住む14歳から19歳までのいずれも少年4人に対し、ウイルスをダウンロードする方法を教えていたということです。その見返りにアプリで使えるポイントおよそ5000円分を受け取っていて、調べに対し、出品したことを認め「小遣いがほしかった」と話したということです。

全文を読む

反応

流石中学生レベルだなぁ・・・(ウイルスの内容が) で、メルカリ削除まだですか??

上場を控えた僕らのオンライン西成マーケットことメルカリ、またひとつ未成年犯罪事案を築き上げる。

モザイクを貫通する男


顔アイコンで笑ってしまう・・・