女性





怖すぎる未来の年表…「3年後、女性の2人に1人が50歳以上に」(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)


産経新聞論説委員の河合雅司氏の著書『未来の年表』(講談社現代新書)は、人口が減り、社会が縮む日本の未来の姿を描き、ベストセラーとなっている。河合氏が続ける。

「現状は、もはや出生率が改善したからといって人口が増える状況ではありません。2020年には女性の過半数が50歳以上になる、という事実からもわかる通り、そもそも、子供を産める女性が少なくなっていくのです。

出生率が多少上がったところで、子供を産める母数が少ないのだから、少子高齢化・人口減少には歯止めはかからない。こうした現実をきちんと受け止めなくてはなりません」


全文を読む

反応

経済的理由で結婚に踏み切りない二人、ほぼなくなったお見合い、告白すると告白ハラスメント、モジモジしてると不審者、結婚自体に魅力がないと考える人…出産率が低下するとそうなるでしょう

天変地異や疫病や戦争、あるいは移民を大量に入れるなどでもない限り、人口問題は「既に起こった未来」としてかなり正確に予想できるよね

どーすんのこれ

3年後ってすぐやんか・・・しかも改善される見込みが無さそうってのが・・・。