過労死ラインとは





国循「残業300時間まで」の労使協定 過労死基準3倍:朝日新聞デジタル


 臓器移植や救急など高度医療を担う国立循環器病研究センター(国循、大阪府吹田市)が、勤務医や看護職員の時間外労働を「月300時間」まで可能にする労働基準法36条に基づく労使協定(36(サブロク)協定)を結んでいたことが、弁護士による情報公開請求でわかった。国の過労死認定基準(過労死ライン)の「月100時間」の3倍にあたる長さで、国循は今後協定内容を見直す方針という。

 府内の主要病院が労働基準監督署に届け出た36協定の開示を、過労死問題に取り組む松丸正弁護士(大阪弁護士会)が国に請求。国循の36協定(2012年4月1日付)では、非常勤を含む勤務医や一部の看護師、研究職ら約700人について、特別な事情がある場合、「月300時間、年間2070時間」まで時間外の労働時間を延長できる(年6回まで)内容となっていた。

 病院側と「労働者過半数」の代表とが取り交わしたもの。ほかの病院は上限100時間前後までの協定が多かった。

 国循は取材に、実際の勤務は「(36協定の上限時間までに)十分余裕はある」と説明。長時間労働の場合は所属長に勤務の分担を求めたり、職員に産業医との面談を勧めたりしているとした上で、「国で議論されている(働き方改革の)内容を踏まえ協定内容を見直す予定だ」と明らかにした。

全文を読む

反応

過労の医者と看護師ばかりの病院には入院したくない!

個々の身体能力に差があるのは当然だが、一定の基準で管理するのは最低限。まして生命に関わる職責、しかも国立

時間外労働300時間て、もはや生きてられないよ… 医療従事者が粗末にあつかわれて、患者が粗末にされないわけがないと思うよ

病院側と「労働者過半数」の代表とが協定を結んだ、というのもアレだし、黙って受け取る労基署もどうかと思うし、何よりこの殺人的な残業ありきの勤務態勢を作ってる大阪の国循が最悪

労使協定とはなんぞや?これを受理する労基はどうなん?色々と考える。労働者代表の多くは言われたとおりに深く考えず署名するだけってのが多いけど、これは酷い。