Amazonレビュー





Amazonのレビュー件数で商品の優劣を判断してはいけない理由 (ライフハッカー[日本版]) - Yahoo!ニュース


心理学の学術誌Psychological Scienceに発表され、Quartzでも報じられた研究によると、ほとんどの人が私と同じように、レビュー件数の多い商品を買おうとすることがわかりました。人気があるということは、品質も優れているはずという考えによるものです。でも、実際は必ずしもそうではありません。

統計的に見ると、レビュー件数の多い商品より件数の少ない商品のほうが、品質が高い傾向にあります。たとえば、星が3.1個ついている商品が2つあったとします。1つは29件、もう1つは154件のレビューがついているとすると、レビュー件数の多いほうが少ないほうより高品質である確率は40%しかありません。ところが、レビュー件数が多い商品が購入される確率は90%にものぼります。「レビュー件数の多いほうが優れている」という思い込みがあるからです。

全文を読む

反応

「レビューの数が多い より優れている証拠」。このような心理を、心理学では「社会的証明」と呼んでいます。

まず最初に見るのは星一つしかつけていない人のレビューですね。その内容次第で買う買わないの判断をします。

最近のAmazonのレビューは、そのまま鵜呑みにはできない。明らかなサクラが多い。SNSのフォロワーを何人幾らで商売にしてる業者がいるように、Amazonのレビューで商売している業者もいる。

レビューは「参考」程度でしょうね。優劣は本人のセンスの問題。文句があるならダイレクトに買えばよろしい。配送業者もレビューの対象になるのはちょっと違う気がする。

Amazonに限らずユーザレビューは最初から無視する俺は少数派なんかな。参考にするのは、面識があり、人となりをある程度把握している人の意見ぐらいやな。