Jアラート





Jアラート発令後4分 シンプルでも致命傷を免れる防護術│NEWSポストセブン


Jアラートが鳴った後にわずかでもできることはないのだろうか。防災・危機管理アドバイザーの山村武彦氏が言う。

「Jアラート発令からミサイルが北海道を抜けるまで約4分あったと考えられています。その間に取れる防御策はあります。

 着弾地点からどれくらい距離が離れているかでリスクは違いますが、半径1km程度の範囲を想定した場合、直撃や衝撃・爆風による被害を避けるために室内にいる時はドアや窓を全部閉め、雨戸やカーテンなども閉じる。エアコン、換気扇のスイッチも切り、ドアや窓ガラスから離れること。

 屋外にいたなら、近くにビルや地下街、地下室があればそこに避難する。なければ樹木などの根元で姿勢を低くして爆風や衝撃に耐える用意をする。この4分の行動が、生死を分ける可能性もあります」

 近くに身を隠せるような木々もない場合はどうすればいいのか。危機管理が専門の青森中央学院大学教授の大泉光一氏がいう。

「国境を接するパレスチナから武装勢力による迫撃砲攻撃などに日夜さらされているイスラエルでも、Jアラートのような警報装置があり、同じようにミサイル着弾までの数分前に鳴る。そんなわずかな時間で取るべき自己防衛術が国民に周知されています。

“地面に伏せて頭を守る”という避難法です。シンプル過ぎて無防備に見えるかもしれませんが、致命傷を免れる確率は高まります」

全文を読む

反応

もう防空豪か核シェルターがスイスみたいに、設置しないといけない時代かな。通常爆弾なら致命的な被害は防げるかもしれないけど、原爆とか水爆なら意味無いだろう。

無防備な状態で突っ立ってるよりは、着弾するとわかって行動できる方が国全体で考えた時国民の生存率は上がるでしょうね。

4分でも、何もしないよりマシ。

爆撃され家も家族も失ったなら変に生き残ったらさみしいだけかも

下手に生き残るよりは・・・という諦めも重要な時代なのかも。