ネットいじめ





親が知らぬ真実 隠語で展開される子供たちのネットいじめ│NEWSポストセブン


・いじめ問題に詳しいレイ法律事務所の高橋知典さん
「ツイッターやLINE上ではいじめをしていても、教室では最低限のコミュニケーションを取っているため、先生はおろか他の生徒も気づきにくいのが、最近のいじめの実情です」

 犯人も、いじめの理由もわからない──こういったいじめは、国公立にかかわらずどの学校でも行われ、特に学力の高い学校ほど、主犯が誰かバレないように、手口がより巧妙になっているという。

子どもは親にいじめを打ち明けない
そもそも、子供は親にいじめの事実を言わない。どうにもならなくなってから打ち明けるのが大半だと語るのは、7000件近くのいじめ調査を行ってきたT.I.U総合探偵社代表の阿部泰尚さんだ。

「反抗期の子は親と話をしたがらないし、親に心配かけまいと明るく振る舞い、突然自殺する子もいます」

 厚生労働省の調べによれば、いじめられている子供で保護者や家族に相談したケースは3割に満たない。

 一方、阿部さんの調査では、自分の子供は、いじめに遭っていたら自分に相談するはずだと思っている親は8割以上に上る。そのため、「相談してこないから、学校でうまくやっている」と思い込んでしまう親が多いのだ。この親子の“温度差”が悲劇を生む一因にもなっている。

・ネット上での子供たちのやり取りを見ても、それがいじめとはわからない
「あるいじめ自殺事件の加害者グループは、LINEのグループトーク上で、故人に『反語』という言葉を何百回も投げかけ、追い詰めていました。他の生徒に聞くと、『その二文字を言われたら、本人は相当つらかったはず』と話していましたが、この『反語』という言葉の意味は、仲間内にしかわからない、いわゆる“隠語”。教師や親も“死ね”などの言葉があれば気づきますが、こういった隠語を見つけても、いじめと認定するのは非常に難しいんです」(阿部さん)

全文を読む

反応

LINEの2ちゃんねる化

どんどん陰湿になるイジメどうにもならないのかな?自死している子が大勢いるのに。

そもそも親が一番夢中になって道端に突っ立ったまま必死に携帯いじってる姿をよく見かける。小さい子供がねぇまだ?みたいに話しかけてもうるさいと一言のみ。そんな家庭で子供にだけSNS禁止と言っても説得力ないからな。

我が子が加害者になってないか心配する親が増えるといいのに

子どものSNS規制してもいじめ方が変わるだけだろうし、どうせならSNSで隠語も含めてチェックする機能とかあれば・・・。