iOS 11





iOS11にアップデートしてすぐはバッテリー消費速度が約2倍に - iPhone Mania


モバイルセキュリティ企業Wanderaが行った調査によると、iOS10ではバッテリー残量が100%から0%になるまでの時間が平均して240分だったのに対し、iOS11は96分に過ぎなかったそうです。



特定の状況や端末が想定されているわけではなく、iPhoneやiPadの一般ユーザーからヘビーユーザーまで幅広く対象をとって行われた調査なので、この時間をもって何かを断定することはできませんが、少なくとも今のところ、iOS11はiOS10に比べて、バッテリーの減りが速い傾向にあるのは確かでしょう。

原因は?
調査を行ったWanderaは、iOSがリリースされた直後に起きがちな問題として、アップデートに伴い、Spotlight検索がインデックスを再構築していることを一因として挙げます。大掛かりな再構築は常に行われているわけではないので、アップデートを行ってから数日もすれば元に戻ります。

また、WanderaはiOS11よりサポートされたアニ文字やFace ID(いずれもiPhone Xのみですが)も、搭載されたA11 BionicのGPUを使うため、バッテリーを大きく消耗する要因になるだろう、と指摘しています。

全文を読む


反応

数日掛かるとかちょっと困るw

本体の劣化じゃなくてOSかよ! 急にガタっときたから焦ったわ

これ読んだら、アップデートは待つべきだな

たしかにそう感じた

インデックス再構築が終了してもバッテリが伸びる要因は無さそうやね。俺も6Plusも4年目なので気をつけないと。