神戸離れ





若者が神戸を離れ「5大都市」今は昔… 市長選告示:朝日新聞デジタル


 神戸市は1956年に横浜、名古屋、京都、大阪各市とともに最初の政令指定都市となり、「5大都市」の一つに数えられた。だが2015年国勢調査の人口は約153万7千人で、前回より約7千人減った。福岡市に抜かれ、政令指定都市で6位に転落した。

 働き手となる若者が、神戸を離れていく問題も指摘される。神戸市が05年と10年の国勢調査をもとに人口増減数を分析すると、この5年間で25~29歳が約9千人減ったとの結果が出た。

 観光面でも後れを取る。京都市はインバウンド需要の取り込みなどにより、16年の観光消費額は1兆円に達する。一方で、神戸市の13~16年の観光消費額は年間3千億円台で横ばいだ。

反応

近畿外では知られていないが、神戸市と兵庫県の人口減は深刻で、神戸の人口はまもなく川崎市に抜かれ、一度抜いた京都市に再度抜き返されそう。 兵庫県の有効求人倍率が悪すぎるのも一因。大阪・京都にはるか及ばず、滋賀奈良和歌山と変わらない水準

神戸市は観光に力を入れんでもええんとちゃうか? 関西には京都も大阪もあるんやから。 関空があるのに一人負けって不思議やけど無理は良くない。

神戸市は震災の影響もあるだろうけど、公務員主導の画一的な街となって、活気が無い。最近、神戸市の人からも、姫路は勢いがあっていいなって言われるようになった。

ブランド力はあるけど、若者が住むには駅前に土地がない感じ。大阪のベッドタウンとしては西宮や吹田が完全に勝ってる

観光面でも京都大阪はワンセットだけど、神戸は切り離された感

昔の神戸は商売上手宣伝上手って印象だったけど、その頃が盛りすぎだったような気もする。