技術者流出





電機トップ技術者1000人流出 中韓、70年代から引き抜き  :日本経済新聞


・1970年代半ばからのおよそ40年間で、日本の電機メーカーから少なくとも1000人超に上る国内トップクラスの技術者が韓国、中国を中心とするアジアのメーカーに流出したことがわかった。

・「高い技術力を持った人材が流出している」。文部科学省の科学技術・学術政策研究所の藤原綾乃主任研究官が76年から2015年春まで約40年の人材の動きを追跡調査したところ、日本の電機メーカーから韓国企業へ490人、中国企業には196人の技術者が移動したことを確認。台湾やタイなどにも350人が渡っていた。

・海外に移った人のうち韓国は4割以上、中国は3割近くが日立製作所やパナソニックなど国内大手8社の出身。定年退職間近よりも、むしろ比較的若い人材が多く、中国は9割以上、韓国は7割以上が40代以下だ。多くはよく引用される特許などを取得した「日本のトップクラスの人材ばかりだった」(藤原氏)。

・ヘッドハント会社ジーニアス(東京・千代田)の三上俊輔社長は「日本では技術者の立場が相対的に低い。給与水準を上げるなど技術者を報いる仕組みを整える必要がある」と力説する。

反応

リストラしておきながら流出とはこれいかに

碌な研究資金設備期間も与えずに結果が出なければ即切り捨ててきた結果やろ

リストラして国内同業他社に入らないように誓約書書かせたら海外に入った

技術や研究に対する投資が一番削られやすいからなぁ。当然の結果のような気もする。