iPhone





iPhoneのバッテリー寿命をチェックする方法 - iPhone Mania


・iPhoneなどiOSデバイスのバッテリーの状態をチェックできる方法をご紹介

・Apple製品は、バッテリーの「フル充電サイクル」の数字によって、状態を把握できる。フル充電サイクルの1サイクルは、残量0から100%まで充電することを指す。例えば、25%から75%までの充電なら、2回で1サイクルに相当。単純に充電した回数ではないので注意が必要

各製品のバッテリー寿命の目安
iPhone:フル充電サイクルを500回繰り返した時に本来の容量の最大80%
iPad:フル充電サイクルを1,000回繰り返した時に本来の容量の最大80%
iPod:フル充電サイクルを400回繰り返した時に本来の容量の最大80%
MacBook:フル充電サイクルを1,000回繰り返した時に本来の容量の最大80%

Mac
Macユーザーは、シンプルな操作のフリーアプリ「coconut Battery」をダウンロード&インストールし、LightningケーブルでiOSデバイスと接続すると、「iOS Device」タブにiPhoneのバッテリー状態が表示される。



Windows
WIndowsユーザーは、以下の手順で「iBackupBot」の試用版を使ってiPhoneのバッテリー状態をチェック可能。

「More Information」をクリックして「Battery」の「CycleCount」に、フル充電サイクルの数字が表示




俺も「iPhone6 Plus」で試してみたけど・・・



3年前に買った機種なのに108回って(笑)バッテリの寿命より先にiOSアップデートが終了しそうな予感。