Windows10






Windows 10の10月分パッチで正常起動しない不具合 -INTERNET Watch


 10月11日に公開されたWindows 10のバージョン「1703」(Creators Update)、同「1607」(Anniversary Update)向けセキュリティ更新プログラム(パッチ)において、適用後に再起動しても正常に起動できない不具合があることをMicrosoftが公表している。

1607向けに提供しているパッチ「KB4041691」では、一部のWindows 10環境においてパッチ適用のために再起動を行った後、正常に起動できなくなる不具合が発生している。一部の情報によれば、セーフモードでも起動できず、復元ポイントからの回復もできないという。

 Microsoftによれば、WSUSでのアップデートのみ影響を受け、「Windows Update」「Windows Update for Business」からパッチをインストールした場合は影響を受けないとされている。

 この原因は、KB4041691のパッチとして提供されている累積更新プログラムと差分更新プログラムの両方が、同時にインストールされてしまうことによるもの。Microsoftでは、更新履歴の「更新プログラムをアンインストールする」から、KB4041691の差分更新プログラムをアンインストールすれば、問題は解消するとしている。

反応

またかよ
勝手にパッチ当てて再起動させるくせにこの体たらく。

WSUSでのアップデートのみということなので、個人ユーザーではなく企業の被害が大きそうです。

心ある管理者なら検証後WSUS経由更新ですから、今このパッチで大規模障害が起こってたらその組織の管理がヤバイですね

俺のマシンは影響無さそうだけど、は9月のアップデートが失敗続きだったので今は更新を止めていたりする。配信して反映させるのはリスク高すぎんよ。