振り込め詐欺





「人助けだとも思っている」振り込め詐欺犯たちが犯行を正当化 - ライブドアニュース


「金持ちで余裕のある奴から、奴らが沈まないくらいしか盗りませんよ」
 こううそぶくのは、かつてオレオレ詐欺(特殊詐欺)に参画し、一千万円以上の収入を得た経験がある男性・松岡氏(仮名)だ。未だ減る傾向にないオレオレ詐欺の被害だが、その理由は、オレオレ詐欺に手を染める連中が振りかざす驚くべき身勝手な持論に透けて見えてくる。

 松岡氏は、部下十数名を率いる「かけ子」(※電話をかけてだます役)チームのトップだった。一般的な会社組織でいえば「部長職」で、配下には課長や係長、主任に相当する部下もいた。十数名の部下のうち半数以上になんらかの「肩書き」を与えていたのは、上昇志向の強い彼らのモチベーションをさらに上げる為だった。

「連中の上昇志向が強い理由は、皆ハングリーなんです。貧乏家庭の出身者が多く、とにかくカネが欲しい。小銭の為にリーマン(会社員)はやってられないが、デカいカネの為には真面目に働くことを厭わない。朝礼や終礼は必ず定刻に全員参加。日報つけたり統計を欠かさず取ったり、みんな真面目でした。だから収益もガンガン右肩上がり」(松岡氏)

 真面目にやっていくら収益をあげようと、それは単なる犯罪行為でしかない。松岡氏が徹底的に行ったのは、部下に「被害者意識」を刷り込ませることだ。これによって、部下は犯罪を犯罪と思わなくなり、仕事能率は確実にアップしたのだという。

「格差社会でしょう。年寄りは裕福、若者は貧乏。俺らは年金すらもらえない。ともなれば、溜め込んでる金持ちからいくらか取ったところで何が悪いのかと。死に金を俺らが活かす、貧乏人に再分配する。現代版の”ネズミ小僧”だと本気で信じている連中もいて、月に100万稼ぐのに、実家に70万仕送りしているやつもいました。中には有名大卒の経歴を持つ手下もいた。こっちが刷り込まなくても、すでに弱者意識を持っている若者ですよね」(松岡氏)

(中略)

 このような認識の人間が存在する以上、オレオレ詐欺が減るどころか、あらゆる手段に形を変えて特殊詐欺事案が増加するのも仕方のないことなのか。親のために役立つなら犯罪も認められる……というヤクザな理論が浸透しつつあるとするならば、結局その先には家族や友人といった守るべきコミュニティが崩壊してしまう殺伐とした未来が存在することを、彼らは理解できないらしい。

反応

かなり反吐がでる話。

これぞ中和の技術。身勝手で暴論だ、けしからん!ではなく、格差社会を意識する実行犯のロジックに耳を傾けるべきでは。ドラマのCRISISを思い出した

釜ゆでにするか

再分配してない件

自分たちの懐に入れているだけなんだよなぁ。