冬ボーナス





冬のボーナス 平均91万円で5年ぶり減少の見通し | NHKニュース

大手企業のこの冬のボーナスは1人当たりの平均で去年より1万円余り減っておよそ91万円と、5年ぶりに減少する見通しになっていることが経団連のまとめでわかりました。

経団連は東京証券取引所の1部に上場する従業員500人以上の企業を対象にこの冬のボーナスの額を調べ、第1回の集計として回答があった74社の状況を公表しました。

それによりますと、従業員1人当たりの平均は91万6396円で、去年に比べて1万1024円、率にして1.19%減る見通しとなっています。

冬のボーナスが減少すると東日本大震災の翌年の2012年以来、5年ぶりになります。

反応

やはり 大手はまだ貰いすぎじゃないかと思うけどね。 中小に対し払い渋りしてこれだもんね。

アベノミクス。

あれ?社長!ウチの会社は5年以上簿ナス ないよね。

いざなぎ景気の効果はありましたか・・・・?(小声)

90万か… 俺の半年分をポンともらっちゃうわけか。

これだと大手を潤わせて下に流すという今の政府の目論見の失敗にならんか?

好景気なんだって、へぇ。 アベノミクス大成功なんだって、へぇ。

前職では給与担当をしていたので、ボーナス通知をしたら各部署の責任者から直々に「額が少ない」とか嫌みを言われて「なんで俺に言うねん」とストレスだったことを思い出した(笑)