ニンテンドースイッチ





任天堂,2019年4月までに5000万台のSwitchを出荷予定 - GamesIndustry.biz Japan Edition

 Wall Street Journalは2019年3月末までの来年度に2500万から3000万台の生産を計画していると伝えている。

 うまくいけば最大月産250万台となり,現在の月間製造台数である200万台をわずかに上回る。この控えめな増分は,間違いなくスマートデバイスの製造業者との部品調達競争によるものだ。しかし部品がもっと使えるようになったらNintendoはさらに高い数字を達成するだろう。

 もしも任天堂が,今年度末までに予想されている1700万台に加えて2019年4月までに3000万台を出荷したとすると,流通するSwitchの台数ないし消費者の手に届く台数はほぼ5000万台に達することになる。
 
 翻って,Wii Uの総生産台数は1400万台だった。任天堂がWiiを5000万台出荷するのには3年間掛かっており,SwitchはWiiの販売の勢いを超えることはないにしても同じくらいであるというプラットフォームホルダーの主張に説得力を与えている。


PS4が2016年度に2000万台出荷ですから、スイッチの2018年度はそれをはるかに上回る勢い。ピークのWiiやDS時代に匹敵しますな。

既にPS4やXboxOneがピークアウトしていますし、1台目にPS4やXboxOneを購入した人が2台目としてスイッチを選ぶ流れも十分期待出来ます。そのためにも2018年度の展開発表を早めにお願いしたいところです。