読書離れ





「暇な時間あったら携帯見ちゃう」「4分の1読んでやめた」 深刻な若者の“読書離れ” - ライブドアニュース

 秋といえば“読書の秋”。しかし、原宿の若者たちに聞いてみると次のような声が聞かれる。

「全くしないです」(16歳・女性/高校生)
「(小説を)ちょっと読んで、4分の1くらいでやめた」(19歳・女性/学生)
「暇な時間あったら携帯見ちゃう」(19歳・女性/学生)
「文字数が多いのが読む意欲を下げているんじゃないかな」(17歳・女性/高校生)
「好きですよ小説。(最近読んだものは)2年前くらいになっちゃうんで覚えてないですね」(19歳・男性/学生)

 近年、若者の読書離れは深刻化している。2016年に行われた全国大学生活協同組合連合会の調査では、「1日の読書時間がゼロ」という大学生の割合が49.1%と過去最高になった。調査対象は約1万人で、読書の中には電子書籍も含まれている。



 読書をしない理由として多く挙がっているのが、「他の活動が忙しい」「スマホで漫画やSNSを見ている」「本を読むなら映画を見る」といったもの。読書ゼロの学生がスマホを利用する時間は1日平均で173分という調査結果も出ているようだ。

反応

最近はドラマを見て原作が気になり、本を手にとるようになりました。

本好きだけど、盛り上がらないから仲間内で話題になることはほとんどない。

本を読むには、一人になれる環境と、時間が必要。それを与えられる環境下にないんじゃないかな?Lineとかで忙しなくて。

電子書籍含めても読書時間は減少中かー。これ、ラノベとか抜いたらもっと絶望的な数字になりそう・・・。コメントにもあるけど、友達とのSNS等で盛り上がるネタじゃないからって理由もあるのかもね。