格安スマホ





ニュース解説 - 大失速の格安スマホ、総務省の次の一手:ITpro

通信大手3社の2017年4~9月期連結決算はそろって増収増益だった。好調の要因は各社各様だが、主力の携帯電話事業では顧客の流動性が大幅に低下。通信モジュールを除いた解約率は大手3社とも1%を下回る「安定期」に入った。

 かたや、大手3社を苦しめていた格安スマホはここにきて失速が著しく、総務省が近々予定する有識者会議でどのような支援策を打ち出すかが注目となる。

(中略)

大手3社の決算はさておき、気になるのは格安スマホの市場動向だ。KDDIがMVNOを含めたモバイルID数の拡大に力を入れ、ソフトバンク回線を活用した格安スマホが登場したとはいえ、NTTドコモにおけるMVNO純増数の半減は尋常ではない。

 折しも総務省は昨年に引き続き、モバイルサービスの提供条件・端末に関するフォローアップ会合を早ければ11月末にも開催する見通し。MVNOの支援策はだいぶ出尽くした感があり、大手3社への「締め付け」をさらに厳しくする方向が濃厚とみられている。

 議論のテーマはまだ精査している段階のようだが、少なくとも業界関係者の間で話題となっているのは、キャッシュバックがいまだに続いていることだ。先の春商戦でも量販店を中心にソフトバンク回線へのキャッシュバックが見られた。代理店が「身銭」を切ったキャッシュバックは総務省のガイドラインで禁止されておらず、それをいいことに密かに続けているようなのだ。

反応

日本人のリテラシーは低いから店舗サポート無いと使えない人多いだろ。大目に見てもMVNOが使えるのは全体の2割程度だな

移行したい人はだいたい移ったのでは?

俺も格安に切り替えて大正解だと思っているけど、自分で調べない人にお勧めする気にはならない。