受動喫煙対策





厚労省 受動喫煙対策強化法案で大手チェーン店など禁煙検討 | NHKニュース

厚生労働省は、来年の通常国会への提出を目指している、受動喫煙対策を強化する法案について、大手チェーンや新たに営業を始める飲食店などの建物の中は、原則として禁煙とする方向で検討を進めています。

(中略)

このうち、大手チェーンの飲食店について、厚生労働省は「利用客が多く、対策を徹底する必要がある」として、原則として建物の中は禁煙とする方向で検討を進めています。

さらに、新たに営業を始める飲食店などについても、原則として禁煙とする方向で調整しています。

一方、既存の飲食店に対する受動喫煙対策をめぐっては、自民党内に、「個人経営の小規模な店舗では、営業への影響も考慮して喫煙を可能にすべきだ」という意見があり、今後、どの程度の広さまで喫煙を可能とするのか、政府・与党内で調整が行われる見通しです。

【悲報】受動喫煙対策新案「150平方メートル以下の飲食店は喫煙可」へ。 当初の「30平方メートル以下のバー・スナック」から大幅に緩和・・・

反応

飲食店よりベランダでタバコ吸うの止めさせて欲しいわ

そんな茶番はええから全面禁煙にしちゃえよ

「150平方メートル以下の飲食店は喫煙可」が骨抜きすぎてなぁ


「喫煙バー」みたいな店を新設するのは難しくなるって事か。既存店はなるべく守る方針みたいだけど、150平方メートル以下ってチェーン店以外は大半だよね・・・。