ゲーミングPC





高くても売れる「ゲーミングPC」 小中学生にも人気|MONO TRENDY|NIKKEI STYLE

「ゲーミングPC」といわれるジャンルが盛り上がっている。多くはオンラインで対戦するゲームを楽しむユーザー向けに、性能の高い部品を搭載したパソコンだ。一般的なPCと比較して価格は高いものの、性能を重視するユーザーが多いだけに、力を入れるメーカーが増えている。本体は昨年比50%増、周辺機器も4年間で2倍以上の成長を遂げているという。

(中略)

 「ゲーミングPCが盛り上がり始めたのは2~3年前ごろから」というのはソフマップAKIBA2号店パソコン総合館の石上司さん。売り場には最新のゲーミングPCがずらりと並ぶ。「購入者の中心は20~30代ですが、最近は小中学生も増えています」

(中略)

 高性能なパーツを積むだけに価格は安くない。石上さんによると「10万円が一つの目安になりますが、最近は15万円以上のモデルもよく売れます」。遊びたいゲームによっては20万円を超える場合も珍しくない。

 オンライン対戦ゲームの場合、パソコンの性能や周辺機器の差がはっきりと現れる。複数の仲間が協力して臨むゲームの場合、「仲間に迷惑をかけたくない、と高性能なパソコンを買う人も少なくない」そうだ。

反応

ゲームPCもピンきりだからなぁ。同じ金額でメーカーのPC買うよりはゲームPCの方が性能上だけどね。

一見すると高く見えるかもしれんが、ネット環境があれば配信や基本無料のゲームで5年ぐらい遊べるし安い趣味だよ。過度な課金とかしなければね

単純に比較しちゃいけないが、iPhoneXの値段と比べたら、全然安く見えるのは気のせいか。

ゲーミングPCが売れてるのはまともなデスクトップパソコンがもう家電量販店で売ってないのも大きいと思うわ

俺もグラボさえ買い足せばゲーミングPC仕様なんだけど、今狙ってる1080クラスのビデオカードが実売4万円切る頃には多分1090クラスが欲しくなっているだろうなぁ。このままずっと買わない可能性も(笑)まぁアクションゲームやらんしね。

ちなみに、マルチディスプレイ派なんでサムネ以上のモニタを展開している(笑)