スクエニ





スクウェア・エニックス社長が明かす今後の展望─今年度末からE3にかけて大型タイトルを順次発表、Nintendo Switchにも意欲 | インサイド

スクウェア・エニックスは、2018年3月期第2四半期決算説明会のQ&Aにて、今後の方針や展開などについて言及しました。

(中略)

Nintendo Switchにも触れ、「過去の資産やノウハウが生かしやすいため、新規IPの創造や旧作のリブート等を積極的に行いたい」と、積極的な態度を見せ、「当社の得意とする中堅クラスのタイトルに適したプラットフォームなので、積極的に開発を進めていく」と、注力の方向性を示すと共に尽力する姿勢を覗かせます。


スクエニもスイッチに本気発言。国内サードの大半はスイッチへの注力を宣言し、既に色々なタイトルが発表されています。「和ゲーしか遊ばない」って人はスイッチだけでOKって流れになりそう。

スイッチも3DSのようなマルチを阻害する2画面ではありませんし、多くのタイトルはPS4でも遊べるようになるでしょう。よりハイエンドな環境や欧米向けのコアゲームを好む方はPS4という棲み分けになりそうです。

俺は、紙芝居ノベルゲームがどのプラットフォームに落ち着くかで決めます。丸戸史明さんの完全新作がスイッチ永久独占とかなら10万円でもハード買うよ。