タバコ





「喫煙で毎日1200人の米国人が死亡」 米大手が新聞広告 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

・米たばこ各社は26日、喫煙が原因で1日平均1200人の米国人が死んでいると認める新聞広告を掲載



・新聞の全面広告には、黒い文字で「連邦地裁はR・J・レイノルズ・タバコ(R.J. Reynolds Tobacco)、フィリップ・モリスUSA(Philip Morris USA)、アルトリア(Altria)、ロリラード(Lorillard)に対し、喫煙による健康被害についてこの声明を掲載するよう命じた」「喫煙で平均1200人の米国人が死んでいる。毎日」などと書かれている

・連邦地裁は2006年、米たばこ業界は喫煙が健康にもたらす危険性について何十年にもわたって国民を欺き、法を犯して金儲けをしていたと認定。5つの健康項目について是正声明を公表するよう命令したが、メーカー側が広告に掲載する具体的な表現をめぐって提訴したため、棚上げ状態になっていた

・2014年になって、政府とメーカーが主要な日曜紙やゴールデンタイムのテレビ広告で1年間にわたり啓発キャンペーンを行い、たばこのパッケージにも警告を掲載することで合意した

反応

煙草よりアルコール等の方が…!?(^^;

この情報はもっと広げて発信すべきであり、みんな知っていることだけれどもタバコは体に悪い。

タバコ会社にここまでやらせて、なんで銃メーカーには手を出せないのかねぇ

そんなことしても吸う奴は吸うよ。

日本のたばこ業界もきちんとタバコは死にますって宣伝しなきゃ

喫煙による死者は、殺人、エイズ、自殺、薬物、交通事故、飲酒による死者の合計より多いとのこと。