ハエ





一瞬でもハエがとまった食品は絶対に食べてはいけない。ハエは想像以上に汚かったことが最新の研究で判明 : ユルクヤル、外国人から見た世界

ハエが食料に止まった時、誰しもが手で払いのけるでしょう。

一瞬止まったぐらいでは気にせず食べ続ける人も少なくないかと思います。しかし最新の研究によると、ハエは私たちが想像していたよりも”はるかに汚い”ことが判明しました。

米ペンシルバニア州立大学・シンガポール南陽技術大学・リオデジャネイロ連邦大学の合同研究チームが、日本でも全国に分布している「イエバエ」と「クロバエ」について研究を実施。

ハエは何度も動物の死骸や糞便に触れるので、足と羽根には数百を超える細菌が”うじゃうじゃ”付着しているとのこと。さらにこれらの細菌は、ハエが食べ物に着陸したと同時に足の方へと移動を開始するとか。

そのためハエが少しでも止まった食品はすぐ人間にとって有害になり得ることが、この研究を通して分かったのでした。

(中略)

また研究では、田舎に生息するハエより都会に生息するハエの方が人間に被害を及ぼす病原菌を多く持っていることも明かされています。ハエは私たちの身近に住む”病気の媒介者”であると再認識する必要がありそうですね。


俺子どもの頃からハエや虫がついたらもうダメなんよね。親からは「気にするなアホ」とか言われてよく怒られてたけど(笑)