未来都市






ビル・ゲイツも「未来都市」の建設に動き始めた──アリゾナ州の砂漠に20万人都市をつくる巨大プロジェクト|WIRED.jp

・スマートシティの建設は、巨大なテクノロジー企業にとって新たな熱狂の対象になっている。カナダのトロントに未来都市をつくろうという、グーグルの親会社であるアルファベット傘下のSidewalk Labsに続いて、今度はマイクロソフト創業者のビル・ゲイツが動き始めた。

・アリゾナ州フェニックスの近くにある砂漠地域の1万ヘクタール程度の土地を購入するために、8,000万ドルを投資するコンソーシアムが立ち上がっている。ゲイツは、その主要メンバー

・ゲイツと彼の会社であるBelmont Partnersの野望は、ここにハイテク都市を建設することだ。そこでは住民たちは、高速なデジタル通信ネットワーク、データベース、自律走行車、自動配送センターを利用できるだろうと、同社は発表している。

・面積と人口で近隣のテンピ(人口18万2,000人)に近い都市を建設することが最終目標

・全てが迅速に進む可能性もある。というのも、選ばれた場所は未開墾の土地に囲まれた砂漠だからだ。空間の配分は、少なくとも地図上では、このように分割されるだろう。土地のうち190ヘクタールが教育機関に、1,500ヘクタールがオフィスや商業空間に割り当てられる。一方で、住居地域は約8,000ヘクタールになる見通しだ。

反応

未来都市。 わくわくするなー

全員にXboxOne支給とか

効率的で便利な都市。でも一方でよくわからない魔力的な都市の面白さは、誰が創るのだろうか?

Windows以外は禁止ですね

マイクロソフトが1億人規模の都市(国)を創って、全員にXboxのみ強制したらハード戦争で勝利やな。