景気拡大?






景気拡大9割も…「実感と合わぬ」4割 100社調査:朝日新聞デジタル

主要100社を対象に朝日新聞が11月に実施した景気アンケートで、国内の景気の現状を「拡大」「緩やかに拡大」とみる企業が計9割に達した。企業の景気判断が改善する一方、客観判断とは別に、戦後2番目とみられる長さで続く景気拡大を「実感」できるか尋ねると、44社が「あまり実感と合わない」と答えた。

(中略)

 2012年12月に始まった景気拡大は、高度経済成長期の「いざなぎ景気」を超えて戦後2番目の長さとなる見込みだが、「実感と合わない」との意見も聞かれる。企業側の受け止めを聞いたところ、「大いに実感と合っている」が1社、「ある程度、実感と合っている」は51社。過半数の企業は、実感が伴っているとみている。

 ただ、「あまり実感と合わない」もそれに劣らず多い。その理由としては、「賃金が十分に伸びていない」(26社)、「社会が成熟し、需要が拡大しにくくなっている」(18社)の二つが多かった。

 「ユニクロ」を運営するファーストリテイリングの柳井正会長兼社長は「株価が上がってバブルなだけ。海外市場を相手にしたところばかりよく、日本の景気自体はよくなっていない」と指摘する。(松浦祐子、関根慎一)

反応

企業栄えて国滅ぶ

若い世代に将来が不安だから貯蓄すると言う人が増えているそうだ。景気が良いからお金を使おうなんて能天気な人はいない。何でも自己責任にされちゃうからね。

いつになっても、インフレターゲット2%に届かないはずですね・・・。 故に、大企業のタンス預金の比率を規制し、市中にどんどんお金を流し他方がいいようです。

儲かっているのは企業だけって印象だなぁ。今後も格差は広がっていくのだろうけどさ。