子供のお年玉





少し古いネタですが・・・

子どものお年玉は貯金させないほうがいい理由とは [ニューリッチへの道] All About

今回は、子どものお年玉の使い道について、ひとつの提案をしたいと思います。

それは、「貯金させず、全部使わせろ」というもの。つまりお年玉を何に使うかは子どもの判断に任せ、より満足度の高いお金の使い方を、本人の経験から学び取ってほしいということです。

もちろん、「今度出る新しいゲームソフトを買うために貯金するんだ」と子どもが自発的に貯金する分には構いません。それは子どもながらに「目的」があり、その目的を達成するために、今は何を優先させなければならないか、わかっているからです。

しかし中には、「お年玉はとりあえず貯金しなさい」と使わせなかったり、親がいったん預かって管理するという家庭もあるようです。それがいけないということではありません。親が子どもの性格や個性を見て、それが適切だという判断であれば、それもひとつのしつけだからです。でも、子どもが自分で使わなければ、「これは無駄だった」と痛みを感じることもない。「あといくらぐらい使えるな」と計算することもない。

小学校半ばくらいになれば、子どもは親に言われなくても、「あんなもの買うんじゃなかった」と後悔します。「あれを我慢しておけば、これが買えたのに」ということがわかります。また、親が「あんなバカなものを買って」と思っても、子どもにとっては無我夢中になれるもので、創造力や集中力が育まれるものだったりすることもある。

だから、必要以上に親がコントロールしようとする、レールを敷こうとするのは、子ども自身の考える機会を奪ってしまいかねない。これは他の買い物についても同じで、親が「これにしておきなさい」と答えを出すのではなく、なるべく子どもに自分で選ばせる。子どもの意思を尊重し、子どもが自分で考え判断できる環境を与えることは、親の大切な役目ではないか、と私は考えています。

そうやって自分で自分のお金の使い方を考える経験を小さいうちから重ねることは、大人になってからの賢いお金の使い方ができる素地につながるのではないでしょうか。もちろん、年齢や子どもの性格などによって適した助言は異なると思います。

反応

「痛み」については共感を覚える。「なんであんな物を買ったんだろう」て後悔な。以来無駄遣いせず貯金に励んでおりますがw

貯金癖は必要だと思う結構無駄使いのもとになったり倹約思想が身につくし計算力も上がるよ

お年玉を親が取ると子供の一生の思い出になるからやめたほうがいいお

これは俺もわかる。自分の意思で無駄使いして後悔することが大切なのだ。別の記事でも書いたけど、駄菓子屋のガチャガチャとかで散財するのも大切な経験だと思う。俺はそれ以降ギャンブル的なものには一切手を出さなくなった。