アベノミクスさん





アベノミクス5年 景気拡大は戦後2位、消費になお弱さ (1/2ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ)

 安倍晋三政権が打ち出した経済政策アベノミクスはこの5年、「第1の矢」である金融緩和策で円安、株高をもたらし、企業業績や雇用環境の改善を進めてきた。政権発足の平成24年12月に始まった景気拡大は、高度経済成長期のいざなぎ景気(57カ月)を超え、戦後2位の長さに達している。だが国内総生産(GDP)の6割を占める個人消費は依然弱く、デフレ脱却は実現しないまま。着実な賃上げや将来不安の解消がカギとなる。

反応

だって金ねーもん

個人消費の弱さはとにかくメディアが節約を煽りまくったからな

政権発足以来株価が2倍にってああた、安倍が首相になったとかは、震災で大変な時だった。当然株価は底だったからね。 また、「日銀の買い支えへの期待」って、要するに政府による株価操縦だよね。

景気拡大っていうワードが古臭く感じてしまいますね。 特をしたのは政治家と経営者だけでは?

消費税上がるのわかってるからね。そりゃカネ使わないよ。 あと、景気はよいと思うよ。 高度経済成長時代がおかしかったんだよ。

消費側としてはデフレ脱却はただひたすら痛いだけなんだよね。こんな景気拡大はいらない。