天才





量子コンピューター、「天才」募集 最大500万円提供  :日本経済新聞

 世界的な量子コンピューターの開発競争が進むなか、経済産業省は2018年度から、国内での量子コンピューターの専門人材の発掘・支援を強化する。専用のソフトウエアなどを開発できる人材を年齢などを問わず広く募集。その人材のアイデアを実現するために、必要な研究開発費や専門人材などを提供する。

 経産省と情報処理推進機構(IPA)による「未踏IT人材発掘・育成事業」を18年度から拡充し、新たに量子コンピューター関連の支援枠をつくる。

 同事業は独自性が高いアイデアを持つ25歳未満の若手研究者を発掘・支援する内容で、高校生が選ばれたこともある。量子コンピューター関連では30~40代も対象とし、支援額を現在の年間250万円前後から300万~500万円程度に引き上げたうえで、年間20~30人程度を支援する。

 物流・輸送や製薬、金融、法務などを主な重点分野としてアイデアを募る。

反応

おなじみIPA未踏ですが、量子コンピュータ研究500万ぽっちで一体何ができるのか全く想像できない

草、そりゃ国内での開発が進まんわ

安すぎて笑った 国際競争負けます宣言を高らかにしてらっしゃる

(天才)しか集まらない予感

日本のいまのどうしようもなさを象徴するような記事。 あほか。 たったの500万で天才

さすがにちょっと安すぎんよー。