ヘリの救助





ヘリで救助した際の費用を徴収 5分で5000円 埼玉 | NHKニュース

埼玉県は、山で遭難した人たちを県の防災ヘリコプターで救助した際にかかる費用を徴収する制度を全国の自治体で初めて今月1日から始めました。この制度は救助に危険が伴う山に限定したもので、県は、十分な準備をせずに遭難する事故を抑止するためのものだとして、注意を呼びかけています。

埼玉県では山岳での遭難事故が去年は63件で、この10年で1.5倍に増加していて、十分な準備をせずに遭難する事故を抑止するため、山で遭難した人たちを県の防災ヘリコプターで救助した場合、燃料費に相当する手数料を徴収する制度を今月1日から始めました。

徴収する金額は5分で5000円で、例えば救助に1時間かかった場合は6万円となります。

対象は小鹿野町にある二子山や日高市の日和田山など、6つの山の埼玉県側にかかる頂上付近や岩場など、救助に危険が伴う山に限定しています。

自治体の防災ヘリでの救助が有料化されるのは全国で初めてで、埼玉県は新たな制度の周知を進め、準備を十分に整えて登山するよう呼びかけています。埼玉県消防防災課の市川善一課長は「登山をする際は綿密に計画を立てて、天候が悪い場合はやめる勇気をもってほしい」と話しています。

反応

時給6万円かよ。安すぎだな。

やっぱり携帯電話の普及で救助要請が変わったのだと思う。本来、遭難しかけたら、登山仲間を呼ぶのが筋。それが今やタクシー代わりに救助ヘリを呼ぶ

抑止になるかな。無謀な登山者が救助されたらお金が掛かるからなんて準備しないから遭難するんだろう。

山岳保険なんてたかだか年額2000円。事後分担金を足しても5000円。全員加入すればもっと安くなるからもう義務化すればいいのに

おや?5000円なら安いなと思ったけど捜索とかで8時間飛ばしたら48万か…いや、それでも安いかな?

一般的なヘリの燃料代だけで1時間5万円ぐらいと聞いた事があるので、その他諸々含めると数割~半額ぐらい負担ってところかな。法外すぎる値段って訳じゃ無いし、これぐらい請求して当然だと思う。