職業泥棒





泥棒の侵入手口で「忍び込み」が増えている理由

現在、日本には泥棒だけで食べている職業泥棒が約3,000人おり、その半数の約1,500人が刑務所の中です。刑務所で泥棒同士が盗みの手口などの情報を交換し合って、入れ替わりでシャバに出てくるのです。

泥棒というのは、天涯孤独で単独犯がほとんど。ですが、最近は役割り分担を完璧に決めてグループで行動する者や、大勢で一気にあらゆる物を持ち去る外国人窃盗団もいて、多様化。泥棒の侵入を許さない高い防犯意識を持つ必要があるのです。


刑務所に出たり入ったりってなんかドッジボールとかスポーツ感覚やな・・・。病気みたいなものだし、他に食う術を考えたこともないんだろうなぁ。