iPhone





Apple バッテリー交換料金の割引でiPhoneの販売台数が減る可能性 - ライブドアニュース

アナリストからは、バッテリー交換割引は、企業のバブリック・リレーションズとして良い動きだったと評価する声も聞かれるものの、中にはiPhoneの販売台数の減少につながると厳しい見方を示す人もいるようです。

Barclaysのアナリスト、マーク・モスコヴィッツ氏は3日、少数の顧客がiPhone新規購入の代わりにバッテリー交換に流れるだけでも相当な影響が懸念されるとの意見を記しています。

モスコヴィッツ氏によると、5億1千9百万人のユーザーがバッテリー交換割引サービスを受ける権利を有しており、そのうちの10%が3,200円でバッテリー交換を行ない、30%は今年は新しいiPhoneを買わないと予測されるとのことです。

この計算が正しければ、Appleは2018年にiPhone1,600万台分の販売機会を失うことになり、それらの顧客は代わりに古いiPhoneのバッテリー交換へと流れてしまいます。

関連記事

「iPhoneのバッテリー交換割引き」日本でも開始している模様。対象機種なら希望するユーザ全員に

反応

今年iphoneを買ったんだけどせめて2019年ぐらいまで3000円でできないかなぁ

損得ではなく信義の問題だろうに。「iPhoneを新たに購入する意欲を妨げる」ことを「良い方策ではない」ことに結びつけるのも頭が悪い。IT業界はバカが多い印象

アナリストは利用者を向いていないってのがよくわかる

まぁユーザには関係無い話。3200円ですら少しぐらいは利益ありそうなんよね(笑)