済みたい





【2018年版 住みたい田舎ベストランキング】小さなまち〔総合部門1位〕北杜市!大きなまち〔総合部門1位〕北九州市!|株式会社 宝島社のプレスリリース

ファッション雑誌販売部数トップシェア(※)の株式会社宝島社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:蓮見清一)が発行する月刊誌『田舎暮らしの本』は、2018年1月4日(木)発売の2月号で、「2018年版 住みたい田舎ベストランキング」を発表します。



「小さなまち」総合1位となった北杜市(山梨県)は、平成27年度から「若者応援プロジェクト」などの総合戦略を具体化。移住希望者の就労支援も行っており、年代別の移住者数は30代が最多となりました。



「大きなまち」総合1位の北九州市(福岡県)は、「生涯活躍のまち」としてモデルエリアを選定。2年後に65歳以上の人口がピークを迎える同市は、若者・子育て世代だけでなく、車がなくても暮らせる医療施設も充実した住宅地を整えるなど、シニア世代の移住も積極的にサポートしています。

反応

北九州、本当に?! 百万都市だった筈の街の人口は減り続けてるらしく、待機児童ゼロの真相は高齢者ばかりで待機するほど若年者人口がいないのだと。。北九州出身者の知人から聞いた。聞いただけの話で申し訳ないんだけど。 人口、元に戻らないかな。凄くいい街だと思うので

栃木市が人気あるのか

全体的に九州が人気あるね。俺も40代に入ってから少し寒さに弱くなってきたし、暖かいところがいいのかもね。でもやっぱり関東に近い方がいいかな。