インスタ映え収納





「インスタ映え」する収納が危ないことも…プロが警告 - ライブドアニュース

整えアドバイザーとして整理収納の著書をもち、テレビ、雑誌で活躍する阪口ゆうこさんが「インスタ映え」ブームに警鐘を鳴らします。

(NG例1)見栄えが悪くて、あまり使わない重いものは、頭より高い位置に
・「あんまり使わなくて、見た目がいまいちな土鍋やホットプレート。キッチンのつり戸棚に、イスを使って、よっこらせと収納して隠しています」

そんな人は、ちょっと待った!出し入れする際にケガのリスクがある収納方法は、根本的に「間違った収納」。重いもの、大きいものや出し入れ困難なものは頭上に置くのはNGです。

(NG例2)コンロ周りはサッと手に取れるつり収納に
・「料理中にサッとツールを手に取れて便利だから、お玉やターナーをブラブラつり収納に」

そんなキッチンを、よく見かけませんか? ひと目につくところだからグッズもいいものを選んで、配置もおしゃれに見えるように…という話も聞きます。ここで注意したいのは、火傷を負うかもしれないという危険性。

(NG例3)収納グッズも手づくりで自分らしく
・「壁に棚をつけて見せる収納しています」「100均のアイテムを接着剤でくっつけてお手製収納を楽しんでいます」などなど…

インスタ映えといえば、手づくりインテリアのDIYも流行中。
でも、そうしたグッズの強度を、あなたは過信しすぎていませんか? また、DIYに関するテクニックや知識は、安全面でも問題ないでしょうか。

(NG例4)子どもがいてもおしゃれなインテリアは譲れない!
・「小さな子どもがいたって、おしゃれに暮らしたいんだもん!」

テーブルの四隅にはりつける赤ちゃんガードとか、コンセントカバーとか、美観を損ないますもんね! でも、大人目線でインテリアを楽しむのは本当に危ないです。そんな低いとこにペンやら置いてるの!? こんなところにハサミを置いてたらよじ登ってつかんじゃうよ! SNSを眺めていると、おしゃれと引き換えにヒヤヒヤするような収納が多いこと、多いこと。

「おしゃれまっしぐら」の収納を目指し始めると、とかくいきすぎがちに。そもそもすぐれた収納とは、他人から評価されるようなものではなくて、住まいをともにする家族から「いいね」と言ってもらうべきものなのです。今年は少し立ち止まって、家族目線の収納をもう一度考えてみませんか。

反応

夫の実家がまさにそう。コンロの向こうにキッチンバサミやら色々吊ってる。義姉が住むようになって、数が増えたし。それとなく言ってもわかってもらえない。でも言わなきゃな。ガスコンロだから余計に。

日本人の根底には「安全第一」を軽視する考え方がある

よく目にするけど、実際使ってどうなのよ?と思えるものがあったからねぇ…

もし地震になったら収納物や家具が動いて凶器になるし、部屋から出られなくなる。

包丁壁に貼るだけのやつとかね。見せるもんじゃないと思う。

見栄えと機能性や安全性は相反する・・・