ヤクザ離れ





ヤクザは今の若者にどう見えている?「なぜ存在しているのかわからない」 | 日刊SPA!

『アウトレイジ』のようなヤクザ映画が、製作されなくなって久しい。’08年に暴対法も施行され、昔ほど馴染みがなくなったなか、ヤクザ像は若者にどう映っているのか?

 暴対法が奏功しているのか、基本的には「迷惑な存在」(男性・学生・22歳)、「全員死刑で」(男性・会社員・25歳)とヤクザに憧れを持つような声は一切なかった。その代わり、イメージしづらいゆえの戸惑いも多かった。

「なぜ存在しているのか、わからない。銀行口座すらも開設できないなんて、どう生きてるのか不思議」(主婦・24歳)

「いまだにドラマや映画で面白おかしく、または格好良く描かれるのが理解できない。貧困とも関係があるように思う」(女性・学生・20歳)

「結局何なのかよくわからない。 もし出会ってしまったら、どうすればいいのか? 何が悪いのか? といったことがわかるツールがあればいいと思う」(女性・アルバイト・25歳)

反応

私見だが今時の若者たちはやくざを「ダサい」「かっこ悪い」「悪さばかりしてる」と思っているものが多数だと感じました・・・

暴力団の肩身が徐々に狭くなってくるってことか、まぁ散々人様に迷惑かけまくったんだし…?

カッコいいと思う任侠道は映画、ゲームの世界だけだもんな

一般人には必要の無いもの。警察組織にとっては「必要悪」。

タバコと同じような扱いに。フィクションの任侠と現実のヤクザは別ものだからなぁ。