児童扶養手当





ひとり親家庭の児童扶養手当 55万世帯で増額へ | NHKニュース

一定の所得を下回るひとり親家庭が対象の「児童扶養手当」は所得に応じて支給額が決まっていて、子ども1人の世帯では最大で1か月当たりおよそ4万2000円が支給されています。

満額を受け取れるのは、現在、年収130万円未満の家庭に限られていますが、厚生労働省はことし8月分から年収160万円未満まで対象を拡大することになりました。

また、これ以外にも一部の世帯の支給額を増額することになり、現在手当を受けているおよそ100万世帯のうち55万世帯がより多くの手当を受け取れる見通しとなりました。

さらに、現在は手当を4か月ごとにまとめて支給していますが、来年からは手当をこまめに受け取って家計を管理しやすくするため、2か月ごとの支給に変更する予定です。

反応

年収160万円未満に支給ΦωΦ そんな単身親世代が55万もあるとかΣ 手当て含めて+50.4万円、併せてようやく年収200万円… 地方ならまだしも…家賃の高い首都圏でどやって200万円で子育て生活してくねんΦωΦ;

安倍政権の政策は完全に若者・子育て世代向けのものにシフトしてきた印象

生活保護費の削減と合わせて考えるとどうなる? ひとり親家庭の児童扶養手当 55万世帯で増額へ

いろいろあるから全世帯ってのは難しいのかもしれないけど取り組みとしては大切なことだと思う( ´ω` )

ひとり親世帯の児童扶養手当増額…ほんとどこまで子供手当手厚くするつもりよ… もちろん良いこともたくさんあるだろうし、充実してるのは素晴らしいことだけど。ひとり親で子供育てながら、親だの彼氏だの彼女だのに養われてる家庭は見極めてくれ。本来の子供手当の目的はなんだ。親の無駄遣いの為?

子どもや若年層向けの施策はどんどん進めるべきだと思うけど、それでも都会で生活するのは厳しいよね。