平成のミリオンヒット





福山雅治、小田和正、サザンオールスターズ…一番好きな「平成のミリオンヒット曲」ランキング! | 日刊大衆

1990年以降に発売され、200万枚以上のセールスを記録したヒットソングの中で、「最も好きな曲」を、30~50代の男女100人に聞いてみた。

第5位 『愛は勝つ』(7%)
1987年にデビューしたKANの楽曲で、自身8枚目のシングルとして1990年9月に発売。当時人気だったバラエティ番組『邦ちゃんのやまだかつてないテレビ』(フジテレビ系)のエンディングテーマに起用され大ヒットし、売上約201万枚を記録。そんな同曲には、「元気が出る」(43歳女性)という声が圧倒的多数。さらに、「青春時代の曲だから」(37歳女性)、「歌詞が印象深く共感できる」(51歳女性)などの意見があった。

第5位 『TRUE LOVE』(7%)
チェッカーズのリードボーカルだった藤井フミヤが1993年にソロ活動を開始し、最初に発売したシングル。月9ドラマ『あすなろ白書』(フジテレビ系)の主題歌となり、200万枚を超える大ヒット曲に。

第4位 福山雅治『桜坂』(8%)
1990年に歌手デビューした福山。同曲は15枚目のシングルとして、2000年4月に発売。『ウンナンのホントコ!』(TBS系)内の人気コーナー「未来日記V」のテーマソングとして使用され、売上約229万枚を記録した。

第3位 『TSUNAMI』(9%)
桑田佳祐率いるサザンオールスターズの楽曲。1978年に『勝手にシンドバッド』でデビューしたサザンだが、同曲は44枚目のシングルとして2000年1月に発売。これも、『ウンナンのホントコ!』内の人気コーナー「未来日記III」のテーマソングで、日本レコード大賞も受賞し、売上約293万枚を記録。

第2位 小田和正の『ラブ・ストーリーは突然に』(11%)
元オフコースのリーダーだった小田だが、1989年にソロへと転身。同曲は1991年2月に発売された6枚目のシングルで、『Oh! Yeah!』と両A面扱いで発売されて大ヒットした。

第1位 SMAP『世界に一つだけの花』(12%)
同曲は2002年7月に発売されたアルバム『SMAP 015/Drink! Smap!』に収録されていた曲だったが、2003年に放送された草なぎ剛(43)主演のドラマ『僕の生きる道』(フジテレビ系)の主題歌となり、シングルカットされ大ヒット。

反応

さすがに平成が30年もあると範囲が広すぎる件

本来なら『SAY YES』『YAH YAH YAH』が入ってただろうラインナップ

平成のミリオンヒッターAKB48がねえじゃん!

平成歴代シングル売上トップ10
1位世界に一つだけの花307,4万枚
2位TUSNAMI293,5万枚
3位だんご三兄弟291,8万枚
4位君がいるだけで289,5万枚
5位SAYYES282,2万枚
6位Tomorrowneverknows276,6万枚
7位ラブストーリーは突然に258,8万枚
8位LOVELOVELOVE248,9万枚
9位YAHYAHYAH241,9万枚
10位名もなき詩230,9万枚


事件がなければ「SAY YES」あたりもランクインしていたのだろうか?