コンビニ納税





スマホでコンビニ納税19年から 財務省・国税庁  :日本経済新聞

 2019年1月から、スマートフォン(スマホ)などを使い、コンビニエンスストアで納税できるようになる。スマホやタブレット端末などで手続きを簡素にし、電子申告・納税の利用を促す。納税者らの利便性を高めるほか、税務署の納付書の宛先確認や郵送といった業務の削減を目指す。

財務省と国税庁が主導する。納税者が電子申告するとその税額や、所得税や法人税といった税目などのデータを記録したQRコードがPDFとして表示される。利用者がスマホ画面などに表示されたQRコードをコンビニの読み取り端末にかざすと、税目や税額が印字された書類が発行され、レジで税金を納めることができる。

 納税は現金で、全ての税目が対象となる。読み取り端末はセブンイレブンの「マルチコピー機」やファミリーマートの「Famiポート」、ローソンの「Loppi」などを想定する。



 納付書があれば今もコンビニで支払えるが、税務署や銀行で支払う人がほとんどだという。

 また、電子申告をするにはこれまでは本人認証でマイナンバーカードなどの電子証明書や読み取り機器が必要だったが、19年からは税務署で一度でも本人確認すれば、IDとパスワードで認証できるようになるため、電子申告を利用する人が増えるとみられる。




反応

なぜコンビニに行かせようとするのだろう?自宅でスマホ決済でよくね。スマホで完結すると何か問題が勃発するのだろうか?

現金のみなのがナンセンス

早くキャッシュレス化されて欲しいですね

微妙に紙と移動が混じって、余計にややこしい…誰が使うんだろ? 理想はMFシリーズの登録情報から税額自動計算、確認してクリックで支払い、そして自動仕訳

納期限ギリギリの場合、24時間対応のコンビニで出来れば、納税忘れる人も減るかもですね。

悪くない取り組みだけど、現金のみってのがなぁ。最初からキャッシュレス対応してほしかった。