結婚したい





「結婚したい」が過去16年で最高に、新成人意識調査 | 大学ジャーナルオンライン

将来、結婚したいと考える新成人の割合が83.8%に達し、過去16年間で最も高くなったことが、結婚相手紹介サービス・楽天オーネット(東京、森谷学社長)の新成人意識調査で分かった。結婚したい新成人の割合は2016年の74.3%を底にV字回復が続いている。

 調査は全国の新成人600人(男女300人ずつ)を対象に2017年11~12月にインターネットを通じて進めた。それによると、結婚に対しては「早く結婚したい」と答えたのが27.8%、「いずれは結婚したい」が56.0%を数えた。これに対し、「結婚するつもりはない」は10.2%、「できれば結婚したくない」は6.0%にとどまっている。

 結婚したいと答えた新成人の数は、1990年代から2001年まで90%近くに達していたが、社会的格差の広がりや非正規雇用の拡大が見られた2002年以降は80%前後に低下、2015年に76.5%、2016年に最低の74.3%を記録していた。しかし、2017年は79.0%に戻り、V字回復の兆しも示していた。

反応

少子高齢化が言われる中、「結婚したい」と考える若者が増えることはいいことだと思いますが、結婚願望=子どもがほしいということではないことも頭におかなければなりません。 子どもを産み育てることができる環境が大事であり、国や自治体、地域の暖かい気配り・目配りがなにより大切です。

結婚は人生の墓場とか言っちゃわないようにしたい

結婚しなくても一緒にいられるし子どもは作れます

ホンマ良い事。日本のために生めよ増やせよ富国強兵やで。兵はいらんけど。