通販トラブル





通販:「お試し価格」よく確認を 契約トラブル急増 - 毎日新聞

インターネットの通販サイトに記載してある格安の「お試し価格」で1回限りの注文をしたつもりが、通常料金で定期購入契約をしてしまうトラブルが急増している。

(中略)

訴状によると、2社ともに筋力を増強させるサプリメントを販売。1社は、トップページで「初回実質無料」と強調しつつ、読み進めると「4回以上のご継続が条件となります」との表記があり、定期購入を前提としていた。別の1社も、初回1カ月「500円」との表記とは別に、「最低4回(4カ月)以上の継続をお約束いただいております」と表示。いずれも申し込めば、約2万~2万4000円の定期契約が締結される仕組みになっていたという。ネットワークの担当者は他にも同様の例があるとして、「契約内容をよく確認してほしい」と注意を呼びかける。

 一方、国民生活センターによると、全国の消費生活センターに寄せられた相談件数は、11年度に128件だったが、16年度は約96倍の1万2337件。17年度は12月25日現在で9868件と昨年同期より1200件以上多い。

 訪問販売などと異なり、ネット通販などでは特定商取引法のクーリングオフ制度が適用されない。「2回目の商品が請求書とともに届いて気付いた」「解約したいが電話がつながらない」などの相談が多いという。

反応

大事な事をすみっこに小さな字で書いて騙す気まんまんだろ。せこい商売しやがって。

解約は電話のみ。この文句が付いている場合は解約の電話をしなければ自動的に本契約とななる。

うまい話には裏があると思っておかないと

お試し価格とかいううたい文句に騙されるバカもそうだがそういうことをしないと維持できないような通販会社も救いようがねぇな

健康食品系はそうだな。 知り合いの老人から青汁定期で頼んでないのに来るって相談貰ったことがあるしね。頼んでないと電話しても宅配便で届くらしい。さすがに消費者センター紹介した。

最初から騙す気しか感じない広告を一度でも出した業者や経営者は二度と起業できないとかできんのかね。