CPU脆弱性対応アプデ





CNN.co.jp : ウィンドウズPC、CPUの脆弱性対応で動作速度に影響

米インテルなど半導体大手のCPU(中央演算処理装置)に脆弱(ぜいじゃく)性が発覚した問題で、米マイクロソフトは9日、この問題への対策がコンピューターの動作速度に及ぼす影響について、詳しく説明した。

同社がここまで詳しい情報を公表するのは異例。

マイクロソフトは何カ月も前からこの問題への対応に取り組んでおり、3日に脆弱性の存在が公になった後は、ウィンドウズ向けの更新プログラムを配信して対処していた。

この更新プログラムの影響で、全てのウィンドウズPCの動作速度がある程度、減速する。

同社のブログによると、「ウィンドウズ10」を搭載した製造後1~2年程度のPCであれば、減速は数ミリ秒にとどまり、ユーザーが気付くことはほとんどなさそうだという。

一方、2016年より前に製造されたPCの場合、もっと大幅に減速する。「ウィンドウズ8」「ウィンドウズ7」を搭載したPCでは大部分のユーザーが、動作速度が遅くなったことに気付くだろうとしている。

反応

x86CPUの根っこに関わる問題なのでWindowsに限らない。ただ、一般の人ならそんなに影響は感じられないんでは?

WindowsやMACの問題じゃないのにOSの批判してるやつは意味わかってるのかな?CPUだろ

windowsはもともと、更新のたびに徐々に重くなって遅くなっていくものだと思うが。

配信されてから指摘されていた事だけど、だんまりも印象悪いと思ったのかもね。原因はCPUだし。