ユーチューバー





GoogleがYouTube上の人気ムービーの内容精査を計画中、ローガン・ポールの二の舞を避ける - GIGAZINE

Googleは主要な広告主のために、YouTube上で人気の高いムービーの内容を精査する計画を進めているとBloombergが報じています。

計画に精通しているという人物によると、この計画は不適切なコンテンツが広告主にとって重要なブランドメッセージと共に表示されることを防ぐためのものです。

YouTube上でトップクラスに人気のあるチャンネルをまとめ、広告主が視聴者数の多いムービーに広告を出稿できるようにした「Google Preferred」に登録されているYouTubeチャンネルの一部に今回の「ムービーの内容精査」が行われるとのこと。

この動きは若年層に人気の高かったYouTuberのローガン・ポール氏が起こした炎上案件を受けてのものであることは明らか。YouTubeは不適切な内容のコンテンツがプラットフォーム上で公開されていることを指摘され、「ムービーのフィルタリングはおこなっていないのか?!」と多くの苦情を受ける羽目となりました。

反応

精査してなかったのか…

全動画チェックしろよ

広告主にも失礼だろ、違反したアカウントは広告抜きで

人気チャンネルだけでも相当な手間だろうけど、今後も健全に運営するなら避けて通れないね。というか、高い報酬を支払っているチャンネルにはそれなりの責任も負わせるべきだと思う。