一人暮らし





1人暮らしが全世帯の約4割に 2040年 国の研究所推計 | NHKニュース

22年後の2040年には、日本の全世帯のうち、1人暮らしの割合がおよそ4割まで達するという予測を、国の研究所がまとめました。高齢者の1人暮らしが増えるためとみられています。

「国立社会保障・人口問題研究所」は、5年に1度、国勢調査を基に将来の日本の世帯数などを推計しています。

それによりますと、日本の世帯数は、2023年の5419万世帯をピークに減少に転じ、2040年には5076万世帯まで減る見通しです。一方で、1人暮らしの割合は増え続け、2015年には全世帯の34.5%だったのに対し、2040年には39.3%と、日本の全世帯のおよそ4割が1人暮らしとなる見通しです。

これは、単身の高齢者が増えるためとみられ、2040年には、65歳以上の高齢者で男性は5人に1人、女性は4人に1人が1人暮らしになると予測されています。

2040年に高齢世帯が4割超 未婚の高齢者も大幅増に | NHKニュース

世帯主が65歳以上のいわゆる高齢世帯は2015年には1918万世帯だったのが、2040年には2242万世帯まで増加する見通しです。全世帯に占める割合は36%から44.2%まで上昇し、日本の全世帯の4割以上が高齢世帯となる見通しです。

このうち半数余りは世帯主が75歳以上となり、「高齢世帯の高齢化」も一層進むと見られています。

さらに、結婚したことがない高齢者が大幅に増加すると見られ、65歳以上の未婚率は男性が14.9%(2015年は5.9%)、女性が9.9%(2015年は4.5%)となる見通しです。

反応

しょうがないやん…

ぼっち高齢者はグループ生活にした方が良さそうだが

え、5%しか増えないの!?

そんな事、散々言われてるじゃないですか・・・今更言われてもねw

2040年なら辛うじて生きてるかな。俺もそのうちの一人だろうね。今の実家を一人暮らし用にリフォームするかどうかで迷っている。楽観している訳じゃないけど、あと10年ぐらいで社会は高齢者の一人暮らしに色々と適応してくると思うよ。