困っている人





“困っている人”をAIで自動検知――東京・新丸ビルで三菱地所、ALSOKなどが実証実験 - ITmedia エンタープライズ

三菱地所、綜合警備保障(ALSOK)、PKSHA Technologyは2018年1月11日、東京都千代田区の新丸の内ビルディングで、監視カメラの映像をAIで解析して“困っている人”の動きを検知する実証実験を開始すると発表

実証実験は、2018年1月22日から1月31日まで、新丸の内ビルディングの地下1階で行う。監視カメラに写る来訪者の映像を、PKSHA TechnologyのAI「Vertical Vision」で解析し、「道に迷い辺りを見渡している」「体調が悪くしゃがみこんでいる」といった“困っている人”を自動検知する。



 解析結果は、エリアを巡回する警備員が所持するスマートフォンに通知され、手助けに駆け付けるなど、状況に応じたスムーズな対応ができるかを検証する。



【ALSOKニュース】カメラ映像のAI解析により「困っている」方を検知する 最先端の「新たなおもてなしサービス」の実証実験を実施|2018年1月11日|安全安心のアルソック【ALSOK 綜合警備保障】

反応

困っている人より、困ったちゃんを検知して欲しい。

視覚障害者が道に迷っている場合でも見つけてくれるのでしょうか。

そうは言っても主眼は明らかに不審者の自動検出だよねぇ。僕はそれでも別に結構だと思うけど、「監視社会」というネガティブイメージを緩和する為にこういうお題目が必要というアレ。

これが発展していくと、海外ドラマ『パーソン・オブ・インタレスト』が現実になるんだな。

不審者の方が検知しやすいだろうな(笑)どちらも検知したらよろしい。