ゲームは安上がり?





パチンコをやめてゲームを趣味にした男性「むしろ金がかかる」 | マネーポストWEB

 37歳の男性Sさんは、独身の会社員。大学生の頃からパチンコやパチスロをするようになったという。学生時代はあまりお金もなかったので、月に1回くらいパチンコを打つ程度だったが、就職してから自由になるお金が増えると、パチンコに行く頻度が急増。休日はほぼ毎回パチンコ店に行き、平日も仕事が早く終わった時は夜からでも打つようになっていた。

 もちろん勝てれば問題ないのだが、そう上手くいかないのがギャンブルというもの。トータルでは負けてばかりで、月に10万~20万円も負けることもあった。貯金ができないどころか、給料を使い果たすこともあったため、「さすがにこれではいけない」とSさんはパチンコをやめる決心をした。

「暇な時間のほとんどをパチンコに費やしていたので、いざパチンコをやめてみたら時間が余って仕方ない。そこで『ゲームならお金もかからないし時間も潰せるよ』と友人から勧められて、PlayStation3を買いました。最初にプレイしたのは『グランド・セフト・オートV』でした」(Sさん、以下同)

(中略)

ゲームにハマってしまったSさんは、あらゆる新作ゲームを買うという生活に突入してしまう。

「ジャンルを問わずに気になったゲームは全て買っていました。全部のゲームをプレイする時間もないのですが、とりあえずちょっとプレイしてみて、ピンとこなかったらすぐにやめて……という感じです。多分月に10本くらいは買っていたと思います」

 ゲームソフトの価格は様々だが7000円くらいが相場。それが10本なので、月に7万円くらいはゲームに費やしていたこととなる。

「PS3だけでなく、Xbox 360、WiiU、3DSなど、全部のハードも揃えるようになり、もちろん新しいハードが出ればそれもまた買っています。おそらく年間100万~200万円近くゲームに使っていると思います」

 さらに最近ではスマホゲームのガチャにもお金をかけているという。

結局、パチンコをやっていたときと同じくらいかそれ以上のお金を使っていることとなるSさん。

「個人的な感覚だと、ゲームは安上がりで時間を潰せる趣味だというのは間違いだと思います。むしろ時間とお金が必要な趣味という感じです。時間が必要な分、ゲーム以外にかける時間がないので、たとえば飲み代なんかは減りますが、結局ゲームにはお金を使ってしまいますからね。人にもよるとは思いますが、少なくとも私にとってはゲームは安上がりな趣味ではないと思います」

反応

これが積みゲーマニアか! ちがうか

浪費癖ある人間は何やらせても金かかるってだけの記事だなこれ 無意味さがすごい

散在が趣味な特殊な人なんだなと

この人の自制心が足りないだけじゃん!何だって際限なくアレもこれも買いまくってたらそりゃお金足りなくなるっての…

ただのアホやん。こいつは何やらせても散財するだろ

こいつ人間としてダメなんじゃ・・・。