東京集中





東京圏への一極集中続く 22年連続「転入超過」 | NHKニュース

総務省が、住民基本台帳をもとに去年1年間の人口の動きを調べたところ、東京都を中心とする「東京圏」への転入者が転出者を12万人近く上回って、22年連続で「転入超過」となり、「東京圏」への一極集中が続いていることがわかりました。

それによりますと、3大都市圏のうち、東京・神奈川・埼玉・千葉の「東京圏」は転入者が転出者を11万9779人上回り、22年連続で「転入超過」となりました。転入超過の人数は、前の年に比べて1911人増え、2年ぶりの増加となりました。

一方、大阪・兵庫・京都・奈良の「大阪圏」は、転出者が転入者を8825人上回ったほか、愛知・岐阜・三重の「名古屋圏」も、転出者が転入者を4979人上回っていて、いずれも5年連続で「転出超過」となり、「東京圏」への一極集中が続いていることがわかりました。

また、全国の1718ある市町村で見ると、転入者が上回っているのは、都市部やその周辺のベッドタウンなどに限られ、全体の76.3%に当たる1311の市町村では、転出者が上回る状況になっています。

総務省は「東京圏への転入者が多いのは、30歳未満の若い世代が地方から進学や就職を理由に流入しているからと見られる。今後もこうした傾向は続くのではないか」と話しています。

近畿17年人口、大阪のみ転入超過 女性の流入増が貢献  :日本経済新聞

総務省が29日発表した住民基本台帳に基づく2017年の人口移動報告によると、大阪府を除く近畿5府県が転出超過となった。6府県全体の転出超過は1万3028人で、16年比7%縮小した。好調なインバウンド(訪日外国人)を背景にサービス業などの就業機会が増える一方で、企業の人員シフトやIT企業への就職などで東京圏への人口流出が続いている。

反応

地方創生とは真逆の動きが加速している様子。抜本的な対策が必要になりそう

これは単純に仕事と賃金の問題とは言えないかもよ? 仮に東京と地方の雇用や賃金格差が逆であっても東京に集中するだろう。 仕方なく東京に住み続けている人間ってそう多くはないのでしょう。

東京圏の転入超過を改善する方法はない。多くの人びとが暮らしやすさを求めているのは事実と思える。地方の暮らしやすさを実現させることが重要と判断する。

まぁ企業やシステムが相変わらず東京圏集中しているから今後も傾向は変わらんだろうね。我が家だって自宅のリフォームするぐらいなら、車が必要ない関東圏に移住しようか的な案も出ているぐらいだし。関西も悪くないけどね。