セブンイレブン





セブン-イレブンが国内2万店を突破 小売業初の大台で郵便局と並ぶ規模に - ライブドアニュース

セブン-イレブン・ジャパンは31日、コンビニエンスストアの国内店舗数が2万店を突破したと発表した。

国内の小売業で2万店の大台を突破するのは初めてで、簡易局を除いた直営の郵便局に並ぶ規模となった。

 第1号店は昭和49年5月にオープンした「セブン-イレブン豊洲店(東京都江東区)」。少子高齢化や単身世帯の増加、地方の購買ニーズに応えるため出店を続けた結果、平成15年8月に1万店、25年には1万5000店を超えた。この日新たに54店舗を出店し、国内の店舗数が2万33店となった。

 日本フランチャイズチェーン協会によると、全国のコンビニは約5万7000店。ローソンは約1万3000店、ファミリーマートは約1万8000店を展開している(29年8月末時点)。

反応

2万店突破といっても、そんな狭い範囲に2、3店もあるとはどうかと思う。

以前のセブン対他のコンビニじゃなくて、セブン対セブンの形相を呈してる場所もある。なりふり構わずって奴やな。

コンビニ乱立し過ぎだと思うのは私だけ?

セブンは店舗作るのも早いが、消えるのも早い、この間出来たなと思ってたら知らないうちに更地になってることがよくある。

都会の方では潰し合いも激しそうやな。スイーツはやっぱりセブンが強いのでよく行ってしまう。