受動喫煙対策





受動喫煙対策は当初と比較すると大幅後退「厚労省の罪は重い」 - ライブドアニュース

小規模以外の飲食店について、当初案と同じく「屋内原則禁煙」としながらも「喫煙専用室」を設置すれば喫煙が可能としているためだ。しかも、当初案では小中高や医療施設は「敷地内禁煙」としていたにもかかわらず、今回は「屋外に喫煙場所を設置することは可」とした。

 これには規制派の急先鋒、三原じゅん子参院議員は「相当な後退だ。厚労省案の影響で、東京都は2月開会の都議会への(厚労省案より厳格な)独自の条例案提出を見送る方針になった。東京都はまさに五輪開催地だ。厚労省の罪は重い」と語る。規制派でつくる「受動喫煙防止議員連盟」(会長・山東昭子元参院副議長)は2月2日に会合を開き、対抗策を検討する方針だ。

反応

本末転倒の案だ。店の面積が狭いほど受動喫煙の害は大きくなる。これでは世界から日本の文化レベルが疑われる。全面禁止が世界標準だ。

これでは、どこへ行っても喫煙可能ということになってしまうではありませんか。断固反対

東京オリンピックで日本が世界中に恥をかくよ!

国民の命を危険に晒してまでたばこ業界を守るのか!

途中から骨抜き具合がハンパ無くてなぁ。ここまで抜くか・・・と。