紙の需要





紙の需要減少 製紙各社は抜本的な事業の見直しへ | NHKニュース

紙を使わないペーパーレス化などを背景に、ことしの国内の紙の需要は過去最低を更新する見通しとなり、大手の製紙会社は、工場の生産能力の削減など抜本的な事業の見直しを迫られています。

日本製紙連合会によりますと、ことしの紙の需要は1438万トン余りと、去年と比べて2%減少し、過去最低を更新する見通しです。

これは、企業の間でなるべく紙を使わないペーパーレス化が広がっていることや、新聞や雑誌をスマートフォンで読む人が増えていることなどによるものです。

紙の需要が減るのは12年連続で、ピーク時の平成18年と比べると26%の落ち込みになるということです。

このため、大手製紙会社の日本製紙は、ことし5月末に秋田市と宮城県石巻市にある2つの工場でそれぞれ生産設備を1機停止させるほか、ことし7月末には岩手県一関市にある新聞紙を生産する子会社の工場を閉鎖することにしています。

また、中越パルプ工業も、来月末に富山県高岡市にある工場で生産設備を1機停止させる計画です。

反応

新聞購読も減ってる?新聞の折り込み広告の効果も期待できないのかな?

生産ラインはどんどん縮小されるので、いずれ供給問題が起きるな

確か10数年前から製紙機械メーカーは物作りをやめてた(元会社も含めて)、ダンボールは需要があって、こちらは今でも結構やってる

仕事でも印刷会社さんとは話すけど、やっぱり先行きは厳しいのう

資源の枯渇と森林伐採による環境問題が改善されるので、とても良いことではないか

そいや、きららはフォワード以外の電子化はまだかのう。可能な限り電子化して欲しい。