グリッドキッズ





F1、グリッドガール廃止に代わって『グリッドキッズ』の導入を正式発表 (オートスポーツweb) - Yahoo!ニュース

FIAフォーミュラワン世界選手権は2月5日、廃止を決定したグリッドガールに代わって、2018年から『グリッドキッズ』を導入すると発表した。

F1では「この習慣がブランド価値に共鳴するものではなく、現代の社会規範とはまったく矛盾していると感じている」として、1月31日に2018年からのグリッドガール廃止を決定。その後、この決定は世界中で話題となっていた。

 そんななかFIAは5日、グリッドガールに代わって2018年からグリッドキッズという仕組みを導入し、「レース前の式典をファン、特に若者にとって適切かつ、興味深いものにすることを喜んで発表する」とFormula1.comに掲載した。グリッドキッズは現在日本でもスーパーフォーミュラや全日本F3選手権で採用されている。

 この活動は、FIAと各国のASN(日本ではJAF)とプロモーターとともに実施され、レースウイークのなかで最もエキサイティングな瞬間を子どもやその家族に提供するとしている。

 グリッドキッズに選ばれる子どもは、カートやジュニアフォーミュラ等に携わっている子どもたちのなかから、クジ引き等の手段で選ばれ、グリッドでF1ドライバーたちとともに立つことができる。

反応

テレビ的に視聴率を取れるのは子供と動物と言われてるけど、発想が安易。新しいロゴといい、良くない広告代理店を使ってるんじゃないかな。

サッカーのエスコートキッズなどでは、子供側からの応募の元、憧れの舞台に立ちたい、憧れの選手たちと歩きたいといった少年少女の夢を広げる意味がある。ビジネス利用の面も当然あるが、基本的にそれらは良いことだと思う。でもグリッドキッズはどうだろう。そもそもグリッドガールとは役目も違うし代わりには全くならんだろう。

子供たちがF1に触れることのできる機会を作ったことは、素直に評価しよう。だが、グリッドガール廃止の発表から随分と経ってからこの話が出てきたな。同時にグリッドキッズの導入を発表していれば、擁護してくれる人が一定数いたかもしれないのに…。

そりゃそうだな。男も女も関係ないし、ギャラ基本無いようなもんだし。しかしえらい世の中になったもんだ

サッカーのエスコートキッズと似た感じか。なぜグリッドガール廃止と同時じゃなかったのだろうか?代案を同時に発表しないのは下策やで。