ブラウザシェア





Firefoxが引き続き減少 - 1月ブラウザシェア|ニフティニュース

Net Applicationsから2018年1月のデスクトップブラウザのシェアが発表された。2018年1月はChromeとEdge、Safariがシェアを増やし、Internet ExplorerとFirefoxがシェアを減らした。Chromeは長期にわたり成長傾向を継続しており、Webブラウザにおいて強い影響力を持ちつつある。

Firefox QuantumのリリースでGoogle Chromeと同等もしくはそれ以上の高速化を実現したFirefoxだが、シェアの増加に結びつかない状態が続いている。Safariもシェアを増やしているが、これは2018年1月はMac OSがシェアを増やしたことに連動した結果と考えられる。

1 Chrome 61.41% 60.57% ↑
2 Internet Explorer 11.84% 12.36% ↓
3 Firefox 10.85% 11.02% ↓
4 Edge 4.67% 4.61% ↑
5 Safari 4.18% 4.00% ↑
6 Sogou Explorer 1.64% 1.79% ↓
7 Opera 1.60% 1.56% ↑
8 QQ 1.20% 1.47% ↓
9 UC Browser 0.71% 0.76% ↓
10 Yandex 0.62% 0.58% ↑

反応

アドオンが使えない

旧式アドオンを自動的に最適化する方法でも考えれば良かったのに、どう頑張っても他のブラウザに敵わないんだから一番の利点捨ててどうすんのよと

アドオンにこだわってるのは比較的マニアックな層かと思ってたけど違ったのか

俺も未だに56のままなんだよなぁ。どうしても手放せないアドオンがあるので、それの代替え方法を見つける時間がないまま。いつまで56で使えるのかどうかも不安ですわ。